« 猫の検疫体験記~帰国、そして長い係留期間の始まり~ | トップページ | 猫の検疫体験記~面会・第一回目~ »

猫の検疫体験記~定期預金の解約と振込み~

 2006年十一月二十日。検疫にかかる経費、及び帰りの航空運賃を義姉に立て替えてもらっていたのだが、その立て替え分を振り込んだ。

 まずは郵便局に行って定期預金235万円を解約し、怯えながら現金をすべて銀行まで持ち運んだ。郵便貯金を銀行口座に機械で振り込むことができないためだ。航空運賃五十六万円と業者に払う猫の預かり料の一部三十万、そして滞米中いろいろとお世話になった感謝の気持ち分を含めた合計九十万を義姉の口座に

振り込んだ。残りのお金はダンナの口座へ。これから毎月三十万ずつ五ヶ月の間、猫の世話を頼んでいる業者に振り込むのだ。最後の振り込みが終わるのは三月。遠い先のことのようだ。

 とりあえず、一番気がかりだった用事が済んで、私は安堵した。

|

« 猫の検疫体験記~帰国、そして長い係留期間の始まり~ | トップページ | 猫の検疫体験記~面会・第一回目~ »

コメント

検疫体験記、拝読しました。
私たちもロサンゼルスで猫を飼っている日本人家族です。
我が家の猫も、やむを得ない事情で127日間の係留となります。
猫に対する申し訳なさが一杯の中、このブログに出会うことがでました。
実際に長期間係留を体験された方の情報は少なく、途方にくれていたところでした。
でもこのブログで長い係留期間を経て、猫ちゃん達が無事にお家に帰った姿を見て、少しですが、安心しました。そして、とても慰められました。貴重な体験記をありがとうございました。
感謝の気持ちで一杯です。

ニナ(メス5才)の家族より

投稿: | 2010年3月24日 (水) 02時02分

>ニナのご家族様

コメントありがとうございます。
お役に立てて、こんなに嬉しいことはありません。
ブログを書いた甲斐がありました。
ニナのご家族様も、長い係留期間を経なければならないのですね。
長い係留期間は、猫にとっても、また飼い主にとっても過酷です。
でも、必ずまた一緒に暮らせるのですから、どうか頑張ってください!
応援しております!!!

投稿: ゲゲーニン | 2010年3月24日 (水) 06時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476183/8462280

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の検疫体験記~定期預金の解約と振込み~:

» 爆弾貯金 [爆弾貯金]
爆弾貯金で楽しく貯金!! [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 16時21分

« 猫の検疫体験記~帰国、そして長い係留期間の始まり~ | トップページ | 猫の検疫体験記~面会・第一回目~ »